上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
080520DSCF0070 (2)

 ダイドー缶コーヒー NAVI

 ミニチュアカーコレクション

 名車が勢揃い!全20種類

 そのラインナップは・・・
・ミツビシ パジェロ
・スバル 360
・イスズ 117クーペ
・ユーノス ロードスター
・ニッサン スカイラインGT-R
・トヨタ  2000GT ソアラ2800GT
・ホンダ S500 プレリュード NSX 

各2色あります。

数年前、ダイドーの缶コーヒーNAVIにミニチュアカーの景品がついていました。
それが上記の写真の品です。個人的にはなぜかホンダの車種が多いのが気になります。

私は、コーヒー嫌いにも関わらず、どうしてもこのシリーズのパジェロ(中央のグリーンの車と、その奥のブラックの車)が欲しくて、缶コーヒー1ケースを大人買いしました(笑)
ちなみに缶コーヒーは同僚にあげました。


さて今回の日記は、『自動車の任意保険について』です。

『料率クラスにより任意保険料がアップ』

自動車やバイクの任意保険料、大抵の場合は年々、安くなっていきますよね?
私も安くなってきており、今では最大限の割引等級(60%)です。

それが、パジェロからキュービックになり、安全装備(ABS、エアバッグ、衝突安全ボディ)が沢山ついたにも関わらず保険料が若干値上がってしまいました。
保険料は各車種に設けられている事故率に関係があり、それにより異なるそうです。
それは『料率クラス』と呼ばれています。スポーツカーやターボ車なんかは保険料が高めになる様です。
愛車だった初代パジェロはかなり保険料が安めだった様です。長年同じ車種に乗っていたため知りませんでした。ちなみにキュービックもかなり安めです。

でもその様に車種毎のクラスを設けずに、運転者毎のクラスの細分化をもっとすればいいのにと思いました。
ゴールド免許割引の割引率を、ゴールド継続年数によって更に大幅アップさせるとか・・・

どんなに高性能で速い車でも普段から安全運転をする人が乗れば事故率はさほど変わらないだろうし、逆に重くて遅い車でも、頻繁に事故を起こす人が乗ると事故率は上がるだろうし・・・
難しいところです。

(注)ここに書いた事は全くの素人情報ですので、詳細は『料率クラス』を検索してみて下さい。


また、バイクの任意保険にはどういうわけか、ゴールド免許割引や家族限定というものが存在しません。
それらがある保険会社もあるのかな?あれば教えて下さい。

車に比べると扱われ方に格差を感じて悲しい。こういうちょっとした格差も積み重なってしまうから、バイク生産量及び販売台数及びライダー人口、それらがあまり増加しない一因になってしまっていると思います。

その様にバイク(ここでいうバイクは126CC以上のバイク)は車と別に扱われる事が多い反面、高速道路通行料は軽自動車と同じ。
メリットは税金が安い事(400CC未満に限って言えば)。でも400CC以上は軽貨物自動車と同じく4,000円。

ビッグバイクと軽自動車。
実はそれぞれ気になる車種があり、久しぶりにビッグバイクが欲しいけれども、軽自動車の方が断然実用性がありますよね。
言うまでもありませんが、家族4人でおでかけ&買い物OK、雨天も楽々。燃費等もヘタすればバイクよりもいいですし。事故ってもバイクよりももちろん安全。
・・・となるとビッグバイクはあくまでも趣味重視という乗り物になってしまいます。ビッグバイクに限らず「バイクは趣味の乗り物」とよく言われますが。
そもそもこの二つを比較する事自体が間違っていますかね(笑)

でも、そんな自分は決してバイク&車が超大好きな、乗り物バカでもないのですよ。バイク以外の新たな趣味にも興味がある今日この頃です。

まとまりがありませんが、この辺で(^_^)/
2008.05.20 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。