上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
813DSCF0227 (63)

 日本最北端宗谷岬!

ついに到着!やりました!


5時起床。キャンプ場周辺を散策。すっかり長期滞在しているキャンピングカーの方がいて、見ると、キャンピングカーの周囲に普通にアサガオのプランターがあったり、タープに市販のカーテンが付いていたりと中々面白い。
どんよりとした曇り空の朝。でも空気がカラッとしているのでテントに結露が皆無で快適です。
洗濯を終えた、朝9時出発。
キャンプ場に隣接する『道の駅びふか』へ。
DSCF0227 (23)

『美深コロッケ』と『海鮮かまぼこ?』 を食べる 。うまい!
食べ終えて外に出ると雨がパラついてきました。出発時からレインウェア着用です。
余談ですが、昔、美深キャンプ場に連泊していた際、この道の駅脇の交差点でお巡りさんに捕まりました。『一時停止違反』です・・・

さて今日のルートですが、悩みます。
明日、朝10時30分小樽発の便で北海道を離れるので、このまま小樽方面に向かうか、せっかくここまで北に来たから、最北端宗谷岬に向かうか悩んで会議した結果・・・宗谷岬に行く事に。

R40を北上して音威子府からR275にて浜頓別へ。
ラムサール条約で有名な『クッチャロ湖』 へ。
DSCF0227 (25)

隣接する資料館 冬ならば多くの白鳥が見られるのでしょうね。
DSCF0227 (24)

710号線
DSCF0227 (37)
DSCF0227 (38)
DSCF0227 (30)

昼頃になると雨足が強くなりました。今回の旅で初めてまともな雨。
猿払町に入り『ライダーハウス&食事処やませ』へ。
やはりここも10年前、タンデムで北海道を回った時に泊まった場所なのです。
DSCF0227 (41)

今日の昼食は『ホタテ定食』 甘味いっぱいのホタテとカニ汁が美味。
DSCF0227 (43)

その後、大雨の中、オホーツク沿岸のR238をひたすら北へ走り続けます。そんな天気でもすれ違うライダーと元気いっぱいに挨拶を交わします。

そしてついに・・・宗谷岬到着!
3DSCF0227 (38)

日本最北端の碑 残念ながらサハリンは見えませんがやはりここは何度来ても感動します!
DSCF0227 (44)

『やった~!』
DSCF0227 (45)

過去に二人で来た際はタンデム。
今回はお互い自走で、埼玉~青森~室蘭~宗谷と走って来たのですごく達成感がありました。
それにしても、まさかバイク二台で宗谷岬をはじめ北海道を再訪する日がやってくるとは思いませんでした。

コチラはあまり人気が無い間宮林蔵像。
DSCF0227 (47)

岬の周辺にはおみやげ屋さんが立ち並んでいます。
13DSCF0227 (43)

その中のコチラのお店
13DSCF0227 (42)

店内に『流氷館』があります。
DSCF0227 (54)

寒い!!
DSCF0227 (53)

流氷に触れる事が出来ます。冷たい!!!
DSCF0227 (52)

そのおみやげ屋さんにて、お決まりの『日本最北端到達証明書』をゲット!
あとで気がつきましたが、コレはすでに所有していました(笑) 下の写真の右側

近くの出光にて給油。
813DSCF0227 (65)

『日本最北端給油証明書』もゲット! 下の写真の左側
1415DSCF0303 (26)

稚内市街へ移動。
『稚内北港防波堤ドーム』 にて雨宿り。ライダー達がテントを張っています。
ここはキャンプ場というわけではありませんが、私も昔、ここでテントを張りました。
813DSCF0227 (66)

一息ついた後、稚内市内の『ホクレン』へ。
実は北海道上陸初日に、ホクレンのガソリンスタンドに寄ったのですが、あの『ライダーフラッグ』が無い事を知り愕然としました
ホンダフラッグ、赤男爵フラッグ? 各ライダーハウスフラッグ、各地域フラッグをつけているライダーは見かけまていたのですが・・・
そんな折、ちょうど同じ時期に北海道に滞在していた、えせちゃりさんより『稚内のホクレンで数量限定ですがフラッグをゲット出来ますよ!』という情報を頂いていました。
給油後、無事にゲット!ちなみに昔の様に無料では無くて協力金が必要です。
やはりこれをつけていないと北海道度ツーリングに来た気がしません。
えせちゃりさん、ありがとう!
813DSCF0227 (67)

強風&豪雨の106号を避けてR40を南下。
でも次第に雨もあがったので、オロロンライン方面へ。

サロベツ原野
あまりにも広大で地平線が見えます。この時、時間はすでに17時。時間があればゆっくりと散策したいところでした。
813DSCF0227 (68)

106号線 日本離れした景色です。こんな時間にも関わらずライダーが多いです。
813DSCF0227 (69)
813DSCF0227 (70)

北緯45度通過点
813DSCF0227 (71)
813DSCF0227 (73)

風力発電?風車の数々。圧巻です。
813DSCF0227 (74)
813DSCF0227 (75)

途中の道の駅で、オロロンラインからお互い抜きつ抜かれつだった千葉のFTR乗りさんとあれこれ話す。
とても礼儀正しい若いライダーでした。

R232を南下。あたりは陽も暮れてもうかなりの暗やみ。そんな中、沿道の子供達が手を振ってくれていました。ライダーが通るのを待っていた様です。
とても楽しく、なんだか温かな元気をもらいました。

羽幌町にて給油。
この時、すでに20時
813DSCF0227 (76)

どこか、日帰り温泉や健康ランドなどがあったら立ち寄ろうかと思いました。道中、数箇所で地元の方にも聞いたのですが、そういう施設はあっても1時閉店とか。ま、仕方が無いので夜通し走る事に。


それにしても今日は特にTWの調子が悪い。
ただでさえ暗いヘッドライトなのですがウィンカーを点灯させると、更に暗くなり、道路がよく見えません。
フロントタイヤの山も・・・
813DSCF0227 (57)

北海道に来てからはいつも以上にエンジンオイルの減りが激しく、エンジンオイルを補充しながら走行していました。もはや2ストバイクです。
DSCF0088 (113)

オイルにじみが悪化
813DSCF0227 (58)
813DSCF0227 (59)

北海道の夜間走行で何が恐いって、エゾシカなどの飛び出しが恐い!
まして私は先日、タヌキと一戦交えたばかりなので、サイズは違えどその恐怖は実体験済みなのです。

留萌から深川留萌自動車道の無料区間(留萌幌糠IC~深川西IC)を通行。片側一車線なのですが、すごく速い後続車達を先に行かせながらの我慢走行です。
PAにて。最近、都会ではすっかり見られなくなった大柄な水生昆虫「ガムシ」を発見。よく見たら沢山居ました。
813DSCF0227 (60)

日付が変わりました。

日本一の直線道路でもある、R12を南下。
随時、コンビニや公園にて休憩&仮眠。強烈な睡魔との戦い!!

幸いなのは雨に降られない事と、寒くは無いという事です。

札幌市内の、とある銀行前にあるベンチにて仮眠。このベンチは寝心地が良かった(笑)
この時4時30分。早朝ジョギングの人とあれこれ話す。
1415DSCF0303 (14)

札幌を抜けて、小樽港6時到着。楽々間に合いました!
1415DSCF0303 (11)
1415DSCF0303 (9)

乗船時刻が近づくまで食事をしたり、だらだら過ごしました。とても小樽観光する時間&体力はありませんが・・・
フェリー乗り場に戻ると、多くのライダーが集結しました。その数百二十台。
1415DSCF0303 (7)

フェリーの乗船順番はバイクがトップでした。
しかも今回は人生初のフェリー一番乗り。
多くのライダー、ドライバーが見ている中で、タラップを登ります!
何かしようかと思いましたが、もしこけたら恥ずかしすぎるので緊張しました(笑)
1415DSCF0303 (6)

今回も二等船室です。サーマレストを敷きます。
1415DSCF0303 (4)

一番風呂に浸かってまったり♪
海原を眺めながらの風呂は最高です。船上にいる事を忘れます。

10時30分、出港!さらば北海道!
1415DSCF0303 (24)

食堂の窓より
1415DSCF0303 (18)

北海道ザンギを食べました。
1415DSCF0303 (16)

その他おやつ
1415DSCF0303 (8)


そうそう夜走りの走行距離ですが・・・


走行距離606KM!


こんなに長距離を走ったのは久々です。しかもほぼ不眠・・・

もう少し続く・・・



全走行距離・・・約606KM
今回のルート
1415DSCF0303 (25)
2008.09.06 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。