上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
石川県千里浜なぎさドライブウェイ
愛車ミツビシパジェロを紹介します。
1987年式(昭和62年)5MT 現走行距離約210000キロ
L046GW通称L型パジェロ 2000CC ECIガソリンターボ
(スタリオンやランサーと同系統のエンジン)145ps/5500rpm 22kg/m3000rpm 
ECI TURBO
虹とパジェロ↓
毛呂山町にて
【購入経緯】
平成7年 当時、ハイラックスサーフに乗っていた。(バイクと物々交換で購入)
貨物車なので、荷台も広くて気に入っていた(この頃から車中泊や、林道走行に目覚めた)
しかし、首都圏排気ガス規制の影響で、車検取得が不可になり泣く泣く廃車。個人の所有物、高価な車を手放さなければならないなんて、信じられない。今まで毎年支払っていた税金は一体何だったのか…乗り換えを促進するのならば廃車費用も含めて、代替車購入の補助金、または排ガス浄化装置の斡旋などをしてもらいたいものだ。それに、日本全域ではなく、大都市圏だけが排ガス規制をかけるというのも理解しがたく、今考えてみても腹ただしい。
近所にて川渡り↓
川原
それからしばらく車無しの生活が続いていた。
そんな折、「パジェロかファーゴ、10万円で売ります」という話があり、見に行き即購入。
ちなみに当時の走行距離は4万キロで、某社の工事作業車でした。その為、消火器や無線機満載だった。
また、社名ステッカーを剥すのが大変だった。購入後に気が付いたけれど、以前に所有していたハイラックスサーフの年式は、このパジェロよりも新しかった(笑)
【長所】
・何といっても最近の4WDには見られない角ばった無骨なデザイン。
中身も角角なインパネ周り↓
インパネ
・驚異的な牽引力。牽引した故障車は数知れず。
・ターボが利くと速い!同乗者はビックリする(笑)
・ターボの音色が心地よい。
・ロングのハイルーフなので、室内がとても広い。小さなお子さんは立ち上がれる程。
・何かと便利な乗車定員7名。(それ以上の人数で乗った事も…)
・フルフラットになるので車中泊は便利(通算100泊以上しています)
・そんなに広い反面、車幅は5ナンバー枠なので、狭い道もスイスイ♪
四万十川の沈下橋でも大抵通行できた(笑)
四万十川の沈下橋
・運転席&助手席はサスペンションシート装備(賛否分かれますが自分は好き)
・こんなに古い車なのに前後ディスクブレーキ。ブレーキを思いっきり踏み込んでもタイヤはロックしない。ある意味ABS!!(ようするに効きが悪い?(汗)
・パワードアロック&パワーウインドウも装備(手動ウインドウの方が好きだけど…)
・バッテリーが小さいので安い!
・最近は見かけない「三角窓」↓エンジン停めていても開閉できて大変便利。
三角窓
・「運転席足元外気取り入れ口」装備。夏も快適。
・90L近く入るビッグなガソリンタンク。燃費は7~8KM/L。ガソリンターボにしたら満足。
・旅先などで、旧オーナーさんから「懐かしい」と、よく話しかけられる(昔はよく見かけたものなぁ)
・世界初の量産クロカン車での、4WDガソリンターボらしい。
・安値で購入したから気楽にステッカー貼ったり、あちらこちらに穴を開けたりと、DIYが出来る。(カーナビの方がはるかに高価だったという噂も(笑)
キャンプ場
【短所】
・パーツが無くなって来ている…
・排気ガス規制で、やがて乗れない日がやってくるのではないかと心配…
・L型パジェロは、映画「黄泉がえり」に出演していた。でもかなり悲惨な使われ方だった…
【主な変更点&装備】
 ・グリルガード&フォグランプ(友人より頂く)
 ・アルミホイール(同じく別の友人より頂く)
 ・フェンダーミラー&アンダーミラー
 ・CDMDチェンジャー、スピーカー15個増設
 ・カーナビ
 ・ハイマウントストップランプ
 ・バックブザー
 ・自作、釣竿&テニスラケットなど長尺物用のラック↓
天井ラック
 ・自作カーテン
 ・自作網戸
 ・消火器搭載
 ・自作テーブル(笑)↓ドリンクホルダー付き。材料費200円
昼食時
【主なトラブル】
 ・タイミングベルト切れ(2回)
 ・オルタネーター故障(寿命だった)
 ・オートフリーハブ故障(しばらく気付かずに3WDで走っていました(笑))
 ・ガラスを割られて車上荒らしに遭う
 ・三連メーターオイル漏れ
 ・ヘッドライトウオッシャー不動(この装備は無くてもいいけれども)
 ・ワイパーが不動になった(しかも雷雨時、桜島で…)
 ・パワーウインドウが不動になった(しかも雨天時の長野県にて半開きの状態で…)
甥っ子のたっくん

【最後に】
このパジェロのウインドーに貼っているスモークフィルム。これは、購入してすぐに親友の一人と一緒に貼りました。
その親友は、自分にバイクや車の楽しさを教えてくれた。よく一緒にバイク通学したり、近隣市町村のマラソン大会に出場したり、遊びまくった仲だ。
しかし数年前、とある事故で、突然帰らぬ人となってしまいました……一層大事に乗り続けたい。

それと縁があって、三菱の整備の社員さんと知り合い、修理等で毎度お世話になっておりますが、この形式は珍しいそうです。
あと、ネットでこの初期型パジェロのチームを発見。その名は「G1PAJERO」G1はL型パジェロの愛称です。(Tetsu&Nao,s HOMEPAGE、リンクさせてもらっています)
まさかそんなチームがあるなんて、発見時はとてもビックリしました。このチームも含め、PAJEROを通じて色んな方と知り合いました。
G1MTG
考えてみたら、初代パジェロは、1982年~1990年に販売されていた車だから、一番新しい90年式でも、もう15歳!!
このパジェロで、北海道、沖縄以外の全都府県に行きました。長期旅では、以前、約3カ月間かけて九州、四国、中国(淡路島、小豆島など含む)などの西日本をフラフラ旅しました。
初日、山梨県べるが通り↓
お気に入りの道路
神戸にある日本一短い国道↓
神戸にて
京都の伊根↓
伊根の舟屋にて
巨大なガンダムがある岡山県の道の駅↓
久米の道の駅
山口県の錦帯橋↓
山口県、錦帯橋
鹿児島県桜島フェリーにて↓
フェリーにて
宮崎県↓
都井岬
この長期旅の時には折りたたみ自転車を積載していました。途中、自転車を降ろして、琵琶湖一周などしました。住まいと化した車内↓右側の物はシュラフ(寝袋)です。
車内
16インチ、6段ギヤ付き↓キャプテンスタッグ社製。
友人からもらった折りたたみ自転車
一日では一周できなかったので途中でキャンプ↓
今は無きテント
琵琶湖↓
琵琶湖にて
トータル約18000キロを走破し、とても楽しい旅でした。その模様は、またいつか書きます。
それにしても古いものを大切に乗っているのになぜ、重量税10%アップするのだろうか…何でもすぐに買い替えさせる風潮があるような気がする…
カーメーカー勤務の友人他からよく「買い替え」を強~く進められますが、すみませんm(_ _)m これからも動く限り、乗り続けます。目指せ30万キロ
2005.12.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://aroundworldkame.blog28.fc2.com/tb.php/411-104806d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。