上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
060630DSCF0047.jpg

私が住んでいる埼玉県には特徴のある温泉が極めて少ない。
その埼玉県の神川町にある「湯郷白寿」。
以前は「神流川温泉(かんながわおんせん)」という屋号でしたが変わったようです。
白寿のサイト
浴室の設備は露天1内湯1といったシンプルなもの。露天風呂からの景色も特に特徴は無い。
でもここは、湯がとても良いという噂を以前から聞きつけていたのですが、先週の金曜日、初めて立ち寄りました。
浴室に入ってみていきなりビックリ!
床一面が赤茶色に染まっており、温泉成分が堆積?して床面のタイルがかなり変形していた。
そして湯の色は赤茶色。湯船の底が全く見えない。
お湯の見た目としては、群馬の伊香保温泉や、青森の不老不死温泉のようだ。
臭いは鉄のような臭いが少々。塩辛い感じ。
加温されていると思われる湯は、ぬるめだがすぐに体が暖まる。
カルキ臭も全く感じられないし、すごく温泉成分の濃さを感じた。
入浴料金はやや高めだけれども、泉質の良さは埼玉県内では上位だと思います。濃い温泉が好きな人にはお勧めです。

他にも、洗い場が一つずつ仕切られている点、それと介護用の椅子が設置されている点も良い。

~DATA~

泉質 ナトリウム、塩化物強塩泉
入浴料 大人700円 (平日はフリータイム 土日及び特定日は3時間 子供も同じ)
     子供400円
ロッカー 100円(コインがリターンされない)
営業時間 10:00~23:00(最終入館22:00)


おまけ
帰り道、小川町の「鳥章」に寄りました。
骨付き唐揚げ1本350円也。
この2本で約一匹分だね(笑)
その場ですぐに食べたのは言うまでもありません。
060630DSCF0049.jpg

2006.07.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://aroundworldkame.blog28.fc2.com/tb.php/476-44d8c663
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。