上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSCF0082.jpg

9/24、かみさんと、近所にある巾着田に行ってきました。 (公式サイト)
巾着田は高麗川という川に囲まれた田んぼ、というか湿地帯のような場所です。
空中から眺めると巾着の様な形に見える事から巾着田と呼びます。
地元では『きんちゃくだ』と呼ぶ人と『きんちゃくでん』と呼ぶ人がいます。
毎年秋になると曼珠沙華(彼岸花)やコスモスが咲き誇ります。
自宅を5時30分出発。近所なので巾着田へすぐに到着。
7時を過ぎると入場料(一人200円)と駐車料金(車一台500円、バイク一台100円)が徴収されます。朝早いため、肌寒かったのですが、早くも沢山の人達で賑わっていました。
20060924164519.jpg

朝焼けです。
06924DSCF0065.jpg

朝日に輝き、段々と赤く染まっていく曼珠沙華が綺麗です。
20060924164859.jpg

20060924164939.jpg

20060924165029.jpg

白い曼珠沙華もちらほらと咲いていました。
20060924165117.jpg

20060924165145.jpg

コチラはあいあい橋(トラス構造の木造橋としては日本一長いらしい)です。
20060924165245.jpg

その橋上より。
20060924165329.jpg

20060924165555.jpg

コスモスも満開でした。
背後に見える山は日和田山(標高305M)です。
日和田山のさらに背後にある山、アンテナ塔がある山は高指山(標高330M)です。
小学生の頃から、よく遠足などで登りました。
頂上から見る巾着田は本当に巾着のような形をしています。
20060924165644.jpg

コスモスと曼珠沙華。
20060924165759.jpg

早朝の為、まだ開店はしていませんでしたが、多くの露店も出店していました。
20060924165858.jpg

お次は巾着田を後に、入間市へ移動。
前から気になっていた『不老川堤と曼珠沙華』へ。ココは入間市景観50選の一つのようです。
DSCF0083.jpg

河川の左側は満開でした。
DSCF0084.jpg

反対側から見た様子。こちらから見て左側はまだツボミばかりでした。
DSCF0088.jpg

コチラは他の花に混じって咲いていた曼珠沙華です。
DSCF0093.jpg

朝顔も咲いていました。
DSCF0090.jpg

近くにあるキンモクセイも満開でした。芳香が漂っていました。
DSCF0091.jpg

そんなに広い土手ではなく、また誰一人いないため、自然のままといった感じで良かったです。

関東地方も朝晩はめっきりと涼しくなってきました。もう秋ですね。
私は小学生の頃より巾着田で遊んできました。釣り、川遊び、カブト虫採りなどをしていました。
一時期は通学路でもありました。
大人になってからはバーベキュー、ハイキングなどで行く様になりました。
そんな巾着田が、こんな一大観光地になるとは思ってもみませんでした。

おまけ。春の巾着田。桜と菜の花が見事です。
20060924170655.jpg

2006.09.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://aroundworldkame.blog28.fc2.com/tb.php/507-b87b5ef8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。