上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
070225DSCF0186 (5)

愛車のパジェロ(シュナイダー号)を手放しました。
初期型 1987年式 今年21歳 全走行距離約22万キロ
愛車の詳細を書いた過去日記は→(愛車パジェロの紹介)


~手放した主な理由~

・燃費悪化・・・年々燃費が悪化してきて、ついに4~5KM/Lになってしまった。ガソリン代高騰の影響もあり、マイカー必需品の我が家では生活に直結し、辛い。

・部品供給不可・・・エアコン故障や機関故障等要修理箇所多発。なのに修理に関してメーカーでもどうする事も出来ないという事態を何度も経験した。(例えば、○○のスクリューを回すのが不可。○○の部品はもう販売中止、代替部品無しとか・・・) ちなみに自分は機械の機関の修理には、出来れば純正部品以外の部品は使いたくない。というタイプです。

・エンジン停止・・・上記の修理に関連するが、頻繁にエンジンが停止する様になってしまった。
交差点内で右折時にエンストした事もあった。前方から来た直進車とあわや!間一髪セーフ・・・だった事もあった。そんな事がたびたび重なりパジェロで遠出するのは不安なので、しなくなってしまった。昔はそんな不安を思いもせずに遠くまで旅をしていたが・・・

・今年の夏、車検・・・タイヤの山が無く車検は通らない模様。他、前述とだぶるが要修理箇所多発で、今後も維持費はかさんでいくものと思われる。

ちなみに今迄、パジェロにかけた修理費は総額約60万円以上。(車検費用、タイヤ、オイル、バッテリー等の主な消耗品は除いた金額)

以上の理由が重なり、泣く泣く手放す事にしました。ようは自分には旧車と付き合っていく余裕が無くなってしまったと言う事です。悲しいですが・・・


パジェロが自分の元にきてから、約12年間を共に過ごしました。
車中泊が出来て、七人が乗れて、高速も速くて、悪路も走れる。室内高が驚異の1400mmもあり広々・・・などいい車です・・・

12年間の走行距離は約18万キロ。北海道と沖縄県を除く全都道府県を走りました。

・パジェロで行った離島(橋を渡って陸づたいに行ける島を含む)・・・江ノ島、淡路島、小豆島、江田島、倉橋島、大島、平戸島、天草諸島、桜島など。

・事故歴は一度。通勤時に後続車に軽く追突されました。(後続車はバンパー破損、なのにこちらのバンパーはほぼ無傷)

・JAFを呼んだ事が三度。

・山陰の圧雪路などでスリップして崖から落ちそうになった事が数度。

・友人宅(愛知の糟谷君)の階上へ向かう急勾配の登りスロープを上り切れずに後退し、スロープ脇の柵に激突し、柵を破壊してしまった事が一度・・・

・R254の交差点のど真ん中で故障して立ち往生してしまい、通りすがりのビッグホーンの方に牽引してもらった事が一度。

・各地で動かなくなっていた故障車や事故車を牽引した事が数度。(R411の急カーブの崖から落ちそうになっていたユーノスロードスターの方を引き上げたり。)


そして多くの方がウチのパジェロに同乗し、最高では9名乗車しました。
また、運転もしました。
しかし、他人の運転により故障をしたり、冷や汗をかいた事も何度かありました。アクセルとクラッチの踏み方にクセというかコツが必要な為です。任意保険の関係もあり、近年は、かみさんと自分以外の人には運転してもらわなくなりました。

ちなみにウチのかみさんは車の免許を取得して以来、数年間、マニュアル車の運転から遠ざかっていましたが、このパジェロにてマニュアル車の運転を特訓して、普通に運転をする事が出来る様になりました。

また、久しぶりに再会する友人と車の話題になると『パジェロは元気?』と必ず聞かれたものです。
スモークフィルムは亡き親友に貼ってもらったし、グリルガードも亡き知人に頂いた物だし、あれこれ思い出満載でした。
パジェロは自分にとって、もはや手足の一部でした。


某日、晴れ。
走り納めに近所の川原に走りに行きました。
腹をこする心配が少なくて、川原の似合う車です。
070225DSCF0186 (1)

070225DSCF0186 (3)

ミニサイズの氷柱を発見!
070225DSCF0186 (8)

久しぶりに高速道路にも乗りました。
アクセルを強く踏み込み、法定速度+あわわキロを出しました。本気を出すと速い!

近所の峠道にも走りに行きました。
070225DSCF0186 (10)

高篠峠 まだまだ残雪が深く、また、強烈なアイスバーンもあり、スリップしまくりました。
070225DSCF0186 (12)

070225DSCF0186.jpg

最後に、ボンネットや屋根の上に乗っかったり立ち上がったり寝そべったりしてみました。(あまりにお馬鹿な写真なので掲載は止めておきます。)


今日まで大きな事故も無く、乗り続けられてきたし、出来れば、一生乗り続けたかった。
庭に飾って置いて物置代わりに使おうかとも思った。
でも現実的には不可、無理な事もある。

出会いあれば、いつかは必ず別れがやってくる・・・それは分かっていましたが実際に手放すと大変辛く、思い出満載の車となりました。

パジェロを通じて多くの方とも知り合いました。出会いをありがとう。

長年、ありがとう、お疲れ様でした!さようなら!
2008.03.14 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。